« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

「空飛ぶ広報室/有川浩」

空井は子どもの頃から憧れていたブルーインパルスに入る為、航空自衛隊に入隊した。五年後、その夢は不慮の事故で突如として断たれた。
そして、防衛省-航空自衛隊航空幕僚監部広報室に勤務することになった。

自衛隊に偏見を持つ帝都テレビのディレクター・稲葉リカや、ミーハーな広報室長・鷺坂を初めとする広報室のメンバーがそれぞれ個性的で面白いです。

リカに自衛隊を理解してもらう事が広報の仕事に繋がると、気持ちを立て直した空井を見て、リカもまた記者が第一志望だったのにという想いから抜け出そうとしていく。
二人の成長を見守る気分で読みました。

ある騒動で二人が行き違ってしまった話では泣いちゃいました。
お互いに想いはあるのに、気の長い二人だなーとせっかちな私は呆れる場面もありましたが(笑)

有川さんの作品は、テンポが良くて読みやすいです。
この後どうなるんだろうと思うとなかなか読むのを中断できず、分厚い本でしたが一気に読んでしまいました。

自衛隊の事はあまり詳しく知らなかったけど、震災の時のドキュメンタリーをいくつか見て、こんなに一生懸命やってくれているんだなって感動してました。
だから、最後の物語を読んで、ぐっとくるものがありました。

有川さんの他の自衛隊ものも読みたいなと思っています。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ