« 暑すぎますね・・・ | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖/三上延」 »

「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」

凛とした美しいたたずまいで、強い意志を感じさせるまなざし。
スーチーさんはずっと気になる人でした。

リュック・ベッソンが事実に基づく映画を撮るなんて意外でしたが、予告で観て「絶対観たい」と思いました。
今までの作品とは全く違いますが、ベッソン監督が何故この映画の脚本に惹かれたのかは分かるような気がします。
エリック・セラの音楽が、少しベッソンらしさを感じるところでしょうか。

長い間軟禁生活を送っているというだけで、その精神的な苦痛は計り知れませんが、家族とも自由に連絡が取れず、夫・マイケルさんががんと分かっても会えなかったとは・・・。

この作品には、スーチーさんと家族の深い絆が描かれていて、それが彼女を支え続けたことが伝わって来ます。

家族と引き裂かれる姿に涙し、不条理な暴力や弾圧を受ける国民の姿に悔しさを感じて涙し、映画を観終わった後、目と鼻は真っ赤でした。

ミッシェル・ヨーはスーチーさんに生き写しのようにそっくりでした。
生花を髪に飾って、ビルマの衣服を細い身体で着こなす姿がきれいでした。

銃を向けられても毅然とした態度で向かって行くスーチーさんの勇気には本当に感動したのですが、実際にもそんな事があったそうです。

映画を観てからすぐ「自由 自ら綴った祖国愛の記録」を読んでみました。
他国の歴史や政治的な話を読むのは難しくて、時間がかかりましたが、スーチーさんのお父さんであるアウンサン将軍が何故今も国民に熱狂的に支持されているかがよく分かりました。
決して権力をふりかざすのではなく、国民に真摯な言葉で支持を求め、一緒に国を作り上げようという気持ちが伝わってくる演説には心を打たれました。
国民がそのアウンサン将軍の娘であるスーチーさんを信頼するのは当然の事なのでしょう。

スーチーさんの軟禁生活も解かれましたし、これから少しずつでもビルマが変わって行けばいいなと思います。
ビルマ(ミャンマー)の人々が恐怖や暴力に支配されることなく、自分の考えや言葉を自由に発して、行動できる日が一日も早く来ることを願っています。

この映画にはあまりにもたくさんの想いがあって、上手く書けていないのですが、とにかく一人でも多くの人が観てくれるといいなと思います。

「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」公式サイト

« 暑すぎますね・・・ | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖/三上延」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/46514494

この記事へのトラックバック一覧です: 「The Lady アウンサンスーチーひき裂かれた愛」:

« 暑すぎますね・・・ | トップページ | 「ビブリア古書堂の事件手帖/三上延」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ