« 「三匹のおっさん/有川浩」 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅱ/有川浩」 »

「天日坊」観劇

勘九郎さんが主演でクドカンと組むのは初めてですね。
勘九郎さんはどんどん存在感が大きくなって、この数年は心に響く芝居が多いです。
役者さんの成長を長い時間かけて見られるのは舞台ならではですね。

「天日坊」は最初から笑える場面がいっぱいで、楽しく話の筋に引き込まれていきます。
クドカンの脚本、本当に面白いです。

最初にお三婆さんを殺してしまう場面は、それまでが楽しいばかりだったので、逆に法策の孤独がぐっと心に染みました。

将軍頼朝の落胤になりすまし、旅の途中で出会った若者を殺し、悪事を重ねて行く法策。
盗賊・地雷太郎と妻のお六に出会って、法策の本当の素性が見抜かれるが・・・。

「俺は誰だ」とつぶやき続ける法策の姿が印象的でした。

トランペットの音色が物悲しくて、最後の立ち回りの場面では涙が出て来ました。

串田さんの演出もやっぱり面白いですね。
何だかコクーン歌舞伎は心が湧き立ちます。

もう一度観たいです。
いつか再演して欲しいなと思います。

« 「三匹のおっさん/有川浩」 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅱ/有川浩」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/46271606

この記事へのトラックバック一覧です: 「天日坊」観劇:

« 「三匹のおっさん/有川浩」 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅱ/有川浩」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ