« 「なまず」観劇 | トップページ | 「アシンメトリー/飛鳥井千砂」 »

「シレンとラギ」観劇

やっぱりいのうえ歌舞伎はいいですね~。
今回は、回り舞台や布を使った演出が新鮮でした。
そして、今までよりも更に「劇画」っぽいなと思いました。
切り取って絵にしたいような。

永作さんは小柄で華奢なのに、全然小さく感じなかったです。
それが存在感とか華があるってことなんでしょうね。

藤原くんはさすがに舞台経験が豊富なせいか、自然に新感線の芝居に溶け込んでましたね。
殺陣も美しかったです。

じゅんさんは出て来ただけで嬉しくて、思いっ切り拍手しちゃいました。
古田さんとのやり取りはほんと楽しかったです。

そして、コメディで見せる顔とは違って、今回すごく格好良かったのが高橋さん。
最初の方の教祖っぷりは素敵でした。

有起哉さんは久し振りなのに、あまり活躍する場面がなくてもったいないなと思いました。

一幕は「えーっ」の連続で、これは面白いって思ったんですが、二幕のストーリーはちょっと失速という感じでした。
新感線には期待が高くなってしまう故ですが。

次回公演もチケット確保済みなので、楽しみにしています。

「シレンとラギ」公式サイト

« 「なまず」観劇 | トップページ | 「アシンメトリー/飛鳥井千砂」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/45435424

この記事へのトラックバック一覧です: 「シレンとラギ」観劇:

« 「なまず」観劇 | トップページ | 「アシンメトリー/飛鳥井千砂」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ