« 「容疑者Xの献身」観劇 | トップページ | 「なまず」観劇 »

「ジェーン・エア」試写会

2009年に舞台で観たのですが、映画はどんな風に描かれるだろうと思って観に行きました。

ジェーン・エアは幼くして両親を亡くし、引き取られた伯母の家では虐げられ、寄宿学校に入れられてしまいます。

寄宿学校を出たジェーンは、ある名家の家庭教師になります。
その家の主・ロチェスターは気難しく、時には高慢な態度を取りますが、次第にジェーンと惹かれあっていきます。
ロチェスターはジェーンに結婚を申し込むのですが・・・。

逆境の中でも誇りを忘れず、凛とした強さを見せる彼女に惹かれます。
物語は決して明るくはなく、ジェーンには試練の連続なのですが、人を許すということ、誰かを深く愛するということ・・・いろいろな事を考えさせられる作品です。

派手ではないけれど、クラシックで上品な衣装が素敵でした。
レースの襟がドレスに合わせていくつかあって、すごくおしゃれでした。

今年舞台は再演されるそうですが、映画と同じくらい濃い密度で描かれていたと思います。
私の好みとしては、ストレートで観たかったのですが。

2009年の舞台の感想はこちら

« 「容疑者Xの献身」観劇 | トップページ | 「なまず」観劇 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/45390466

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェーン・エア」試写会:

« 「容疑者Xの献身」観劇 | トップページ | 「なまず」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ