« 「海辺のカフカ」観劇 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅰ/有川浩」 »

「冷たい校舎の時は止まる/辻村深月」

深々と降り積もる雪の中、いつものように登校した筈だった8人の高校生。
始業時間になっても、他の生徒も先生もいない、静まり返った校舎。
気付くと扉も窓も開かず、時計は5時53分で止まったまま。
2ヶ月前の学園祭の最終日、自殺した同級生は誰だったのか-何故か思い出せない8人。

8人それぞれの思春期特有の友達付き合いの悩みや、将来への不安や迷いなどが描かれていて、気持ちが分かるほど「じゃ、一体誰が・・・?」という疑問が深まるばかり。

徐々に明らかになっていく真相に驚き、終盤は涙が止まりませんでした。

「いじめ」についても、いろいろ考えてしまいました。
やる方は大した事はしてないと思っていても、やられる方は深く傷つくんですよね。

ミステリーなので、あまり詳しく感想が書けないので伝わりにくいかもしれませんが、すごくお勧めです。

« 「海辺のカフカ」観劇 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅰ/有川浩」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/45206865

この記事へのトラックバック一覧です: 「冷たい校舎の時は止まる/辻村深月」:

« 「海辺のカフカ」観劇 | トップページ | 「別冊 図書館戦争Ⅰ/有川浩」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ