« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

「シレンとラギ」観劇

やっぱりいのうえ歌舞伎はいいですね~。
今回は、回り舞台や布を使った演出が新鮮でした。
そして、今までよりも更に「劇画」っぽいなと思いました。
切り取って絵にしたいような。

永作さんは小柄で華奢なのに、全然小さく感じなかったです。
それが存在感とか華があるってことなんでしょうね。

藤原くんはさすがに舞台経験が豊富なせいか、自然に新感線の芝居に溶け込んでましたね。
殺陣も美しかったです。

じゅんさんは出て来ただけで嬉しくて、思いっ切り拍手しちゃいました。
古田さんとのやり取りはほんと楽しかったです。

そして、コメディで見せる顔とは違って、今回すごく格好良かったのが高橋さん。
最初の方の教祖っぷりは素敵でした。

有起哉さんは久し振りなのに、あまり活躍する場面がなくてもったいないなと思いました。

一幕は「えーっ」の連続で、これは面白いって思ったんですが、二幕のストーリーはちょっと失速という感じでした。
新感線には期待が高くなってしまう故ですが。

次回公演もチケット確保済みなので、楽しみにしています。

「シレンとラギ」公式サイト

「なまず」観劇

去年のmetro「引き際」がすごく衝撃的だったので、今年も観に行きました。
ブラック・コメディでくすくす笑ってしまう場面がいっぱいなのですが、震災についても描かれていて、一つ一つの台詞の意味を考えると深いなーと思う芝居でした。

”なまず”の動きがすごい!です。
奇妙なんだけど、美しい。あんな動き観たことないです。

そして、月船さららさん。
あのぐいぐい惹きつけられる強力な存在感は何なんでしょう。
最初に登場する田端は客席にはほとんど背中を向けているのに、すごく伝わる物があるし、その一挙手一投足に目が離せなくなってしまいます。

お妃の衣装は色っぽかったです。
あんなお腹になりたい・・・。
さららさんがチクチク縫っていたのはこの衣装だったのでしょうか。

蝉時雨蝶子は今回も素敵でした。
艶やかな歌声、いいですね~。

とても小さい劇場ですが、それだけに客席と舞台に一体感があっていい感じでした。

明日(27日)までですが、お勧めです。

metro「なまず」HPはこちら

「ジェーン・エア」試写会

2009年に舞台で観たのですが、映画はどんな風に描かれるだろうと思って観に行きました。

ジェーン・エアは幼くして両親を亡くし、引き取られた伯母の家では虐げられ、寄宿学校に入れられてしまいます。

寄宿学校を出たジェーンは、ある名家の家庭教師になります。
その家の主・ロチェスターは気難しく、時には高慢な態度を取りますが、次第にジェーンと惹かれあっていきます。
ロチェスターはジェーンに結婚を申し込むのですが・・・。

逆境の中でも誇りを忘れず、凛とした強さを見せる彼女に惹かれます。
物語は決して明るくはなく、ジェーンには試練の連続なのですが、人を許すということ、誰かを深く愛するということ・・・いろいろな事を考えさせられる作品です。

派手ではないけれど、クラシックで上品な衣装が素敵でした。
レースの襟がドレスに合わせていくつかあって、すごくおしゃれでした。

今年舞台は再演されるそうですが、映画と同じくらい濃い密度で描かれていたと思います。
私の好みとしては、ストレートで観たかったのですが。

2009年の舞台の感想はこちら

「容疑者Xの献身」観劇

初演は観たいなと思いながら見逃してしまったので、今回はチケットを買っておきました。

TVで放映された映画版は観たのですが、キャラメルボックスが舞台化したらどうなるのか楽しみにしていました。

全体的にはシリアスで、重い話なのですが、そこはキャラメルらしく笑いもあって。

今回は踊りと歌は封印でしたが、草薙・間宮・岸谷の三人の場面のテンポの良い掛け合いが楽しくて、張り詰めた物語の中でほっとする場面でした。

靖子と美里が、しつこくつきまとう別れた夫・富樫を殺してしまう場面は息を呑んでしまいました。
不幸な巡り合わせというのはあるのですね。

喜怒哀楽をあまり表に出さず、淡々と靖子親子に指示を出す石神が最後に感情を露わにする場面では、鼻をすすったり、ハンカチを取り出す気配があちこちから。
私も声を出さずに泣くのに必死でした。

何て悲しい恋だろう。
やり方は間違っているけれど、決して許される事ではないけれど、ただただ愛する人の幸せを願った石神の想いに泣けてしまいます。

東野さんの原作もいつか読みたいと思います。

役者さん達もみんな良かったです。
特に石神役の近江谷さんは好演でした。

お勧めの舞台です。

「容疑者Xの献身」HP

「別冊 図書館戦争Ⅰ/有川浩」

郁と堂上が付き合うことになってからのお話です。
何か読んでいるこっちが照れ臭かったですけど(笑)、不器用な二人が可愛らしいような、もどかしいような。
柴崎が郁のことを「純粋培養純情乙女・茨城県産」と名付けますが、ほんとぴったりで笑えます。

堂上は大人の男の優しさで郁をリードしてくれるのですが、その優しさが裏目に出て、郁の戸惑いと重なって二人に距離が出来てしまったり・・・。

デートに着て行く服やメイクにあれこれ悩んだり、堂上の気持ちを手塚に聞いてしまったり、恋する乙女・郁が可愛いです。

堂上もそんな事言っちゃいますかって台詞を言っちゃったりします。

そんな二人のベタ甘物語の間にも、ちゃんと図書館での事件が描かれています。
図書館の本を盗む男、図書館に一日中居座る酔っ払い、図書館に催涙弾が充満して、取り残された小学生を郁と堂上が救出に向かったり・・・。

「図書館革命」でも思いましたが、この巻でも郁の成長が感じられます。

有川さんはちょっと心配していらっしゃったようですが、今までの図書館シリーズを好きな読者はベタ甘な別冊も十分楽しめると思います。

「冷たい校舎の時は止まる/辻村深月」

深々と降り積もる雪の中、いつものように登校した筈だった8人の高校生。
始業時間になっても、他の生徒も先生もいない、静まり返った校舎。
気付くと扉も窓も開かず、時計は5時53分で止まったまま。
2ヶ月前の学園祭の最終日、自殺した同級生は誰だったのか-何故か思い出せない8人。

8人それぞれの思春期特有の友達付き合いの悩みや、将来への不安や迷いなどが描かれていて、気持ちが分かるほど「じゃ、一体誰が・・・?」という疑問が深まるばかり。

徐々に明らかになっていく真相に驚き、終盤は涙が止まりませんでした。

「いじめ」についても、いろいろ考えてしまいました。
やる方は大した事はしてないと思っていても、やられる方は深く傷つくんですよね。

ミステリーなので、あまり詳しく感想が書けないので伝わりにくいかもしれませんが、すごくお勧めです。

「海辺のカフカ」観劇

二年ぐらい前に原作は読んでいたのですが、ちょっと不思議な村上ワールドがちゃんと舞台に再現されていました。
伏線となるエピソードがいくつもあるのですが、上手く繋がっていて、見せ方もすごく面白かったです。

カフカと佐伯さんが結ばれる場面は、幻想的で素敵でした。
佐伯さんの青い衣装のグラデーションや流れるような身体の動きに見とれてしまいました。

着ぐるみの猫の大きさにちょっとびっくりしましたが、仕草も猫らしくて可愛かったです。

猫と言えば、原作でも猫が殺される場面だけはどうしても嫌だったのですが、舞台だと更に生々しい気持ち悪さがありました。

柳楽くんは初舞台ということでまだ硬い感じでしたが、やっぱり目力がありますね。
台詞の語尾が時々聞こえにくかったのが残念でした。
また舞台に出てくれたらいいな。

私の中では、どのキャストも原作のイメージ通りでした。
特に木場さん演じる田中さんはぴったりでした。

長谷川さんは最近ドラマでの活躍が多いですが、久し振りに舞台出演作を観ました。
以前より存在感が増したような気がします。

3時間45分(休憩20分あり)とちょっと長いですが、見応えのある舞台でした。

「誰かが足りない/宮下奈都」

大学時代から付き合っていた彼女と別れてしまった僕、息子夫婦や孫から認知症を心配されながら一人暮らしをする私、母が亡くなってから引きこもりになってしまったお兄ちゃん。

失ってしまった「誰か」の思い出を胸に日々を生きる主人公達。
そこには埋められない悲しさがつきまとうけれど、主人公達が少しだけ前を向いて歩こうとした時、町で評判のおいしいレストラン・ハライに予約を入れます。

それぞれの登場人物達の息苦しさや不安や悲しみが身近な物に思えます。
でも、物語の終わりには少しでも希望が見えて、ほっとします。

最後まで気になったのは、ハライの料理。
どんな料理なんでしょう。

宮下さんの作品を読むのは「遠くの声に耳を澄ませて」以来2作目ですが、他の作品も読んでみたくなりました。

「セレモニー黒真珠/宮木あや子」

地元密着型の葬儀屋「セレモニー黒真珠」。
派遣で入ったばかりの妹尾には、かつての恋人の死をみとりたいという想いがあった。

テキパキと仕事をこなす男前な女性・笹島、イケメンのメガネ男子・木崎の過去や恋愛も描かれていきます。

みんなちょっと変わっているけど、愛着の持てるキャラクターでした。
中でも笹島が好きです。
男前で口は悪いんだけど、相手の事情にむやみに踏み込まない気遣いが出来る素敵な女性です。
木崎くんとのなかなか進まない恋愛もあります。

葬儀を行うお客様とのやり取りがメインではなくて、あくまでも「セレモニー黒真珠」で働く人達の物語なのが面白かったです。

5月の気になる舞台(5/21追記)

GWも最終日ですね。
お休み中は都心をうろうろしてました。
読書や映画の感想もいろいろ書きたいものは溜まっているのですが、ぼちぼち更新します。

さて、今月の気になる舞台です。

なまず」 ★(5/21追記)
去年の公演「引き際」がすごく面白かったので、今回の公演も観に行くことにしました。

海辺のカフカ」 ★
柳楽くんは映画デビュー作から主演映画は続けて観ていたので、もう舞台に出るなら絶対観なくてはと思って、チケット入手済みです。
「海辺のカフカ」の原作も以前読みましたが、どんな風に舞台化されるのか楽しみです。

容疑者Xの献身」 ★
初演を見逃してしまったので、今回はチケットを入手しました。
映画は観ましたが、キャラメルボックスが舞台化するとどうなるのか楽しみです。

シレンとラギ」 ★
久し振りのいのうえ歌舞伎ですね。
永作さんが以前新感線の舞台を降板した時は残念だったので、今回は楽しみにしています。
じゅんさんの新感線出演も久し振りですよね。

ロミオとジュリエット
豪華キャストだし、健くんとさとみちゃんの共演も観てみたいです。

シダの群れ
前作は観ましたが、どういう続編になるのか楽しみです。
まだチケットは入手していませんが、観に行く予定です。

このページはチケットを入手したら更新します。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ