« 「図書館内乱/有川浩」 | トップページ | 「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」試写会 »

「カンタ/石田衣良」

東京の下町で育った幼なじみのカンタと耀司。カンタには発達障害があり、人の感情や場の空気を読めずに学校ではいじめられることもあるが、耀司はそんなカンタを守ってきた。
二人はアルバイトと投資で貯めたお金を元に起業するのだが・・・。

石田さんが出演しているNHK教育の「ハートをつなごう」という番組で、私は発達障害というものを初めて詳しく知りました。
あまり多くの人に知られていないと思うのですが、知らなければ学校や会社では誤解を生んだり、浮いたりしそうです。
そこが丁寧に描かれていて、カンタと耀司の絆にも繋がっています。

株取引が問題になっているところは、数年前の騒動がモデルでしょうね。
確かに株取引でお金持ちになるのは悪くて、地道に働いてお金を得る方が全うだと言うのは果たして正しいのだろうかと思った記憶があります。

悪役が甘いのは石田さんらしいですが、結末が今一つ・・・な感じがしました。
最後の方はもう少しテンポが良かったらなと思いました。

« 「図書館内乱/有川浩」 | トップページ | 「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」試写会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/44019357

この記事へのトラックバック一覧です: 「カンタ/石田衣良」:

« 「図書館内乱/有川浩」 | トップページ | 「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ