« 「偉大なる、しゅららぼん/万城目学」 | トップページ | 「食べる女/筒井ともみ」 »

「ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩」

出版社で編集をしている真也は、幼い頃から、品物や場所に残された、人の記憶が見えるという不思議な力を持っていた。
仕事のいきさつから、同僚のカオルの二十年振りの父親との再会に同行することになったのだが、真也に見えたものは・・・。

この作品は、去年キャラメルボックスが上演したものの小説版です。
残念ながら舞台は観ていないのてすが、登場人物や設定など「7行のあらすじ」は同じですが、また違った物語になっているそうです。

そして、もう一つ舞台から着想を得て書かれた「ヒア・カムズ・ザ・サン Parallel」も、また別の物語として書かれています。

小説版は、父親のある秘密が切なくて、不器用で激しい愛と、穏やかに見守る愛とがカオルに注がれていたのが、真也に見えた記憶によって明かされていきます。

Parallelは、最初は嘘ばかりついている父親が好きになれませんでしたが、父親が日本に帰国した事情が明かされて、これまた切ないなと。
意固地になって父親と向き合おうとしないカオルを、何とか父親に会わせようとする真也の愛情が素敵だなと思いました。

有川さんの文章は読者を一気に物語の世界に惹き込む力があるので、1日で読了してしまいました。

舞台も是非観てみたかったです。

« 「偉大なる、しゅららぼん/万城目学」 | トップページ | 「食べる女/筒井ともみ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/43689567

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒア・カムズ・ザ・サン/有川浩」:

« 「偉大なる、しゅららぼん/万城目学」 | トップページ | 「食べる女/筒井ともみ」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ