« 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 | トップページ | 「結婚のアマチュア/アン・タイラー」 »

「欲望という名の電車」観劇

「欲望という名の電車」を観るのは、TVの舞台中継(かなり前なので、キャストはうろ覚えです)、篠井さん版、今回で三度目です。
この作品はブランチにしても、スタンレーにしても、役者冥利に尽きる役ですよね。

高畑さんのブランチは、プライドが高く、感情の起伏が激しかったり、かと思えば夢と現実の間をさまよっているようだったりと様々な表情を見せて、本当に熱演でした。

スタンレー役の宅間さんは脚本家としても有名ですが、宅間さん脚本の文学座の舞台を観たことはありましたが、役者さんとして観るのは初めてでした。
粗野で暴力的だけれど、人を惹きつける魅力のあるスタンレーを圧倒的な存在感で演じていました。

ピアノの生演奏も良かったです。
舞台での楽器の生演奏もずい分増えたような気がするのですが、やっぱり音楽があると気持ちが盛り上がりますね。

優れた戯曲は、何度観ても新しい発見があって面白いです。
演出やキャストが変われば、また違う印象になりますし。

今頃千秋楽の上演中ですね。

今年の観劇はこの作品が最後かな。
たぶん。
きっと(笑)


« 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 | トップページ | 「結婚のアマチュア/アン・タイラー」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/43503469

この記事へのトラックバック一覧です: 「欲望という名の電車」観劇:

« 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 | トップページ | 「結婚のアマチュア/アン・タイラー」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ