« 「90ミニッツ」観劇 | トップページ | 「クリスマスのその夜に」 »

「しょうがない人/平安寿子」

日向子は高校の同級生だった渚左が経営する自然素材のサプリメントを販売する会社でパートをしている。パート仲間の二人とは家族への不満や友人の噂話をして気を晴らしている。日向子の周りのしょうがない人たちの話。

日向子の従姉の典子は、日向子を批判しつつ自分の自慢ばかりする女。
批判しないまでも、自分の自慢ばかりする人っていますよね。
私もちょっとうんざりしながらも、日向子のように聞いてしまう方かもしれません。
友人の場合は、他に良いところがあるから付き合っているのですが、時々聞き流しています(笑)

夫婦お互いの両親の老後の問題や反抗期の娘との対立、実家の相続を巡る姉妹喧嘩など、女性には身近な話ばかりです。

会社の社長であり、友人でもある渚左とも言い合いになってしまう場面がありますが、結婚している女性と独身の女性はお互いに「あなたには分からない」と思ってしまいがちですね。
女性にとっては"共感"できる事が大切なので、立場が違うとつい対立してしまうのかもしれません。

妹との相続を巡る騒動では、日向子が"しょうがない人"になってしまいましたが、気持ちは分かると思いました。

読みやすかったので、一気に読んでしまいました。

« 「90ミニッツ」観劇 | トップページ | 「クリスマスのその夜に」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/43401510

この記事へのトラックバック一覧です: 「しょうがない人/平安寿子」:

« 「90ミニッツ」観劇 | トップページ | 「クリスマスのその夜に」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ