« 気になる12月の舞台(12/20追記) | トップページ | 「ワイルド7」試写会 »

「おまえさん 上・下/宮部みゆき」

生薬屋・瓶屋の主人・新兵衛が斬り殺された。本所深川の同心・平四郎は、将来を期待されている同心・信之輔と共に調べに出向いた。信之輔の大叔父・源右衛門は、少し前に見つかった身元不明の亡骸の斬り口と同じだと言う。二つの事件は関係があるのか-。

「ぼんくら」「日暮らし」に続くシリーズの3作目。
おなじみの平四郎と甥の弓之助が今回も活躍します。
特に弓之助はおでこと共に秘かに動き回ったり、成長したなと思うところがありました。
兄の淳三郎には、まだまだ子どもらしく突っかかったりして可愛いのですが。

瓶屋のおかみ・佐多枝、娘の史乃は、それぞれに人目を引くような美しさなのですが、彼女達を巡る恋模様も描かれています。
男でも女でも美しいというのは、時には幸せばかりではなく、他人の人生を狂わせるような悲劇も生むものですね。

大筋の事件には一見関わりのないような登場人物も丁寧に描かれていて、江戸時代の市井の人達の暮らしが分かり易くなっています。

シリーズの先には、弓之助の恋愛も描かれたりするのかな。
それも楽しみです。

今回は、単行本と文庫が同時発売という珍しい刊行です。

« 気になる12月の舞台(12/20追記) | トップページ | 「ワイルド7」試写会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/43240826

この記事へのトラックバック一覧です: 「おまえさん 上・下/宮部みゆき」:

« 気になる12月の舞台(12/20追記) | トップページ | 「ワイルド7」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ