« 「クリスマスのその夜に」 | トップページ | 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 »

「サヴァイヴ/近藤史恵」

「サクリファイス」「エデン」に続くシリーズの最新刊。
物語は「サクリファイス」「エデン」の過去と未来。

今回、チカは最初と最後にしか登場しません。
他の話は、シリーズでは脇役だった伊庭や赤城の視点から語られています。
特に赤城からは、無口でつかみどころのない石尾の自転車で走ることへの強い想いなどが明かされていきます。

前に読んだ時も思いましたが、ロードレースって不思議なスポーツだなって。
完全な団体競技ではないけれど、全くの個人競技でもなく。
エースにゴールを切らせる為にアシストとして犠牲になるなんて、他の競技には無いことですよね。

もちろんアシストにはエースへの嫉妬もあるだろうし、エースは良い成績を出し続けなければならないプレッシャーがあると思います。
その心の葛藤なども丁寧に描かれているのが、近藤さんの作品の魅力だなと思います。

日本ではあまり知名度のある競技ではないので、このシリーズで興味を持ってからも見たことがないのが残念です。
でも、ロードレースについて全く知らない読者でも、読んでいくうちにその世界を体感しているような気持ちになれるような作品になっています。

あまり説明し過ぎて読むテンポが遅くならないように、解らない用語はまた違うところで説明するなど、近藤さんは工夫しているそうです。

また「サクリファイス」を読み直してみたいなと思っています。

« 「クリスマスのその夜に」 | トップページ | 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/43447298

この記事へのトラックバック一覧です: 「サヴァイヴ/近藤史恵」:

« 「クリスマスのその夜に」 | トップページ | 「ニューイヤーズ・イブ」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ