« 「岸田國士傑作短編集」観劇 | トップページ | 「レヴォリューションNo.0/金城一紀」 »

「純愛モラトリアム/椰月美智子」

イケメンですーごく優しいけれど、誰にでも優しい彼氏と別れる決意をする女。親友のストーカーだった男と付き合い始めた女。クラス一可愛い生徒と付き合っていると妄想する男。不器用でちょっと変わっている男と女の恋愛オムニバス。

面白くて一気に読んじゃいました。

特に面白かったのは、「アマリリス洋子」では意地悪なキャスターとして登場した悠木かりんが、次の「菊ちゃんの涙」では地元に帰ってタウン誌の記者をしているお話です。
「アマリリス」では嫌な人だなと思ったのですが、「菊ちゃん」では応援したくなるような主人公になっていました。

短編集などでよくある手法ですが、こんなに登場人物の印象が変わることってあんまりなかったので新鮮でした。

« 「岸田國士傑作短編集」観劇 | トップページ | 「レヴォリューションNo.0/金城一紀」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/42966421

この記事へのトラックバック一覧です: 「純愛モラトリアム/椰月美智子」:

« 「岸田國士傑作短編集」観劇 | トップページ | 「レヴォリューションNo.0/金城一紀」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ