« 「さすらいの女神(ディーバ)たち」 | トップページ | 「純愛モラトリアム/椰月美智子」 »

「岸田國士傑作短編集」観劇

文学座本公演「「岸田國士傑作短編集」を観て来ました。
夫婦をテーマにした3つのお話。

台詞は美しい言葉なのですが、男と女の考え方や感じ方の違いがユーモアを交えて描かれていて、笑える場面もたくさんありました。

特に2つ目の『驟雨』が面白かったです。
新婚一週間で離婚を決意した恒子が、姉夫婦に相談するのですが、義兄がいくら夫の気持ちを代弁しても恒子の気持ちは変わりません。
女性は一度嫌だと思ってしまうと、全てが嫌になってしまうのかもしれませんね。
(私はそんな風に相手を嫌いになってしまった事はないのですが)

背景に大きなクリムトの絵が飾られていたのが印象的でした。

13日(日)までの上演です。
文学座HP

« 「さすらいの女神(ディーバ)たち」 | トップページ | 「純愛モラトリアム/椰月美智子」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/42945215

この記事へのトラックバック一覧です: 「岸田國士傑作短編集」観劇:

« 「さすらいの女神(ディーバ)たち」 | トップページ | 「純愛モラトリアム/椰月美智子」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ