« 「シンデレラ・ティース/坂木司」 | トップページ | 「純平、考え直せ/奥田英朗」 »

「ストーリー・セラー/有川浩」

彼は、医師に妻が特殊な病にかかったことを宣告される。複雑な思考すればするほど寿命が縮まるというのだ。作家である彼女にとって、それは残酷な病だった-。

先が気になって、一気に読んでしまいました。
有川さんは読ませるのが上手いです。

ビジネス書を読む男の人は多いけど、小説を読む男の人って多くないと思うのですが、どうでしょう?
本が好きな女性なら、彼も本好きだったらいいなと思うと思うのです。
その点、この作品の彼はとても理想的です。
本好きで、作家である彼女の一番の読者なのです。
執筆活動の為には家事もしてくれるし。

ただせっかく彼が背中を押してくれて作家になったのに、作家になったことによって起こった不幸な出来事も多々あって。
有名税じゃないけど、作家も読者や家族の批評に傷つくことがあるんだろうなと思いました。
そして、心ない誹謗中傷をする人達もいるのでしょう。

この本はSide-AとSide-Bの2つの作品からなっていて、妻が作家で理解のある夫というのは同じ設定です。
どちらも中編で、物足りなさはあるけど、面白い試みです。

« 「シンデレラ・ティース/坂木司」 | トップページ | 「純平、考え直せ/奥田英朗」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/42622555

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストーリー・セラー/有川浩」:

« 「シンデレラ・ティース/坂木司」 | トップページ | 「純平、考え直せ/奥田英朗」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ