« 「ばんば憑き/宮部みゆき」 | トップページ | 「モップの精は深夜に現れる/近藤史恵」 »

「オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎」

目が覚めると、そこは「荻島」という見知らぬ島だった。コンビニ強盗に失敗した伊藤は、警察官となった同級生・城山に逮捕されたのだが、パトカーから逃げ出したことを思い出す。

江戸時代から「閉鎖」しているという島で唯一外との行き来をする轟、轟に言われたからと島を案内してくれる日比野、「反対」のことしか言わない画家・園山、島の住民から殺人を認められている桜、そして未来を予言できるとみんなに頼りにされている喋る案山子・優午。伊藤が島に来た翌日、優午はバラバラにされ、壊されてしまう。優午が殺されたのだ。
犯人は果たして誰なのか。

これがデビュー作だなんて、すごいです。
分厚い本ですが、二段組です。
でも、先が気になって、思ったより早く読んでしまいました。

面白い設定ですが、喋る案山子はあまりイメージ出来なかったです。
悪意の塊みたいな城山がとても怖くて、現実にはこんな人絶対いて欲しくないです。
桜との対比が面白いです。
伊坂さんの作品には、たびたび伊藤のような巻き込まれ型の主人公が出て来ますが、それがまた魅力的だったりします。
ヒーロー然としたヒーローではないので、逆に共感できるというか。

以前から読んでみたいなとは思っていたのですが、この作品の舞台を観に行くことになって、先に読んでみました。
映像や舞台を先に観ると、自分の想像だけで本が読めなくなってしまうので。
これをどう舞台化するのか楽しみです。

« 「ばんば憑き/宮部みゆき」 | トップページ | 「モップの精は深夜に現れる/近藤史恵」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/42238084

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎」:

« 「ばんば憑き/宮部みゆき」 | トップページ | 「モップの精は深夜に現れる/近藤史恵」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ