« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

「鋼鉄番長」観劇

私が観たのは先週末なのですが、ご存じのように今現在は休演中です。
早く再開できるといいのですが。
確かに激しい動きが多かったですが、ネタ物だし、みんなハイテンションで演じているでしょうからね。
新感線は好きだけど、ネタ物はあんまり・・・という友達もいますが、私は大好きなんです。
観劇中はずっと笑っていました。

坂井真紀さん、若い!
セーラー服も似合ってました。
(友達は、AKB風なジャケット+チェックのスカートだと違和感があるけど・・・って)

田辺さんは歌も踊りも微妙で面白かったです(笑)
いつもの格好良さは微塵も感じられませんでしたが、今回はそこが良いんですよね。

池田さんのアキレス腱断裂で降板は残念です。
かなり動いてましたからね~。
あの無理に頑張ってる感が良かったのですが。

アイドル役の田辺さんの台詞で「スキャンダル写真でタレントはみんな苦しんでいるんだ・・・内野くんとか」というのがありました。
「メタル・マクベス」後も新感線との親交は深めているようですから、いのうえさんの愛あるいじりかなと思いました。

とにかくじゅんさんの一日も早い回復と公演の再開を祈っています。

「十三人の刺客」

9月中旬に試写会で観たのですが、いろいろあって感想を書きそびれていました。

明石藩の江戸家老・間宮(内野聖陽)が、老中・土井家の門前で切腹自害した。明石藩主・斉韶(稲垣吾郎)の暴君ぶりを訴える為だった。このままでは、幕府の存亡に関わると判断した土井(平幹二郎)は、秘かに斉韶暗殺を島田新左衛門(役所広司)に命じるのだが・・・。

斉韶の家臣に市村正親、息子夫婦を斉韶に殺害され、新左衛門に協力する尾張藩の松本幸四郎、十三人の刺客に山田孝之、沢村一樹、伊原剛志、古田新太、伊勢谷友介等々、豪華キャストです。

映画後半50分の殺陣は、300人対13人。最初の方は新左衛門側の様々な仕掛けが面白かったです。後半はただただ斬り合いなのですが、ちゃんとそれぞれの戦いが描かれていて長く感じませんでした。

吾郎ちゃんは残忍な斉韶を淡々と演じていて、本当に怖かったです。

緊迫する場面が続く中で、伊勢谷さんの役は一人ひょうひょうとして、笑える場面が多くてほっとしました。

この映画を観たのは、内野さんが出演するからだったのですが、冒頭の切腹場面のみでした。でも、画面に映っているのは上半身だけで、表情と効果音だけで表現しているのに迫力があって流石だなと思いました。

残酷なのは苦手という方はちょっと・・・かもしれませんが、見応えのある作品でした。

「今の私をカバンにつめて」観劇

何だか三谷さんぽくないなーと思っていたら、ブロードウェイ・ミュージカルを翻訳したものなんですね。(あまりチラシを読んでいかない人なもんで)

男の人は、一人でも生きていける強い女より、男に頼る可愛い女が好きって・・・まあ、そうなんでしょうね。
でも、強いだけの女も、可愛いだけの女もいないと思うんですけどね。
解り合えない男と女というのは、普遍的なテーマですよね。

青山円形劇場は小さな劇場なので、生バンドの演奏と歌がすごく迫力があって良かったです。
戸田さんの声は本当に素敵です。
キャストの人達も良かったです。

お勧めの舞台です。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ