« 9月の気になる舞台(9/24追記) | トップページ | 「静かじゃない大地」観劇 »

「TAJOMARU」試写会

芥川龍之介の「藪の中」を原作にしている作品ですが、原作の面白さを描ききれていないように思いました。

多襄丸以外の登場人物のキャラクターの深みがなく、勧善懲悪になってしまっているのが惜しいと思います。
特に兄弟同然に育ってきた桜丸が、何故あそこまで非道になれるのかが理解出来ませんでした。

キャストの人達の演技はすごく良かったので、ストーリーに感情移入できない部分があったのがちょっと残念です。

小栗くんファンは、ちょっと情けなかったり、涙を流す場面だったり、いろいろな表情が見られるので、満足できると思います。

柴本幸ちゃんも眼力があって、複雑な阿古姫の心情を見事に演じています。

松方さんや萩原さんなど、ベテラン勢の演技がまた良かったです。

« 9月の気になる舞台(9/24追記) | トップページ | 「静かじゃない大地」観劇 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/31309945

この記事へのトラックバック一覧です: 「TAJOMARU」試写会:

« 9月の気になる舞台(9/24追記) | トップページ | 「静かじゃない大地」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ