« 「グッド・バッド・ウィアード」 | トップページ | 9月の気になる舞台(9/24追記) »

「狭き門より入れ」観劇

3日後に世界は更新される。新しい世界に行ける資格があるのはどんな人なのか?

面白い設定のストーリーで、登場人物達と一緒にいろいろ考えてしまいました。

好きな人や友達を大切に思うのは当たり前だけど、他人に無関心になってしまってはいないだろうかと。
人混みでぶつかりそうになっても、あるいはぶつかっても謝りもしないのは、いつから普通になったんだろう。(私は謝りますよ。)
でも、急いでいる時は、具合の悪そうな人を見かけても通り過ぎてしまったりする事もありました・・・。
そんな他人への無関心さが、少しずつ世界を歪めていくのかもしれないって。

蔵之介さんを初めて知ったのは舞台だったので、私にとっては舞台役者さんです。
やっぱりドラマや映画より、舞台に立っている方が素敵ですね。

亀治郎さんの現代劇の舞台ってどうなんだろうって、ちょっと心配でしたが、ちょっと謎めいた役柄をクールに演じていました。

パルコ劇場ぐらいのキャパの舞台って、何か良いですよね。
演出も限られているけど、そこがまた面白かったりします。

先週からバラエティに富んだ舞台を観ていますが、どの作品も本当に面白かったです。

« 「グッド・バッド・ウィアード」 | トップページ | 9月の気になる舞台(9/24追記) »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/31245640

この記事へのトラックバック一覧です: 「狭き門より入れ」観劇:

« 「グッド・バッド・ウィアード」 | トップページ | 9月の気になる舞台(9/24追記) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ