« 「天翔ける風に」観劇 | トップページ | 「怪談 牡丹燈籠」観劇 »

「斎藤幸子」観劇

斉藤由貴ちゃんも好きだし、粟根さんが出演するので楽しみにしていました。

下町・月島を舞台に繰り広げられるお話なのですが、由貴ちゃん演じる幸子は最初なんと17歳で登場。ちょっと無理はあったけど、色っぽい高校生でした。
自由奔放な幸子を、近所の人達は実の娘や妹のように可愛がっていて、何とも微笑ましいのです。
あんな密な人間関係って、今なかなか無いだろうなと思います。

最後、幸子が恋人(詐欺師だった)を逃がして欲しいと頼むと、みんなが「いいんじゃない」って分かってくれるところが、もうす~~~ごく良かったです。
「斎藤幸子」って字画は最悪なんだけど、みんなに愛されていて、幸せだなって。
そういう事って、普段なかなか気づけないんですよね。
身近にある小さな幸せに。

いっぱい笑えて、心が温かくなって、最高の舞台でした。

« 「天翔ける風に」観劇 | トップページ | 「怪談 牡丹燈籠」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/31184866

この記事へのトラックバック一覧です: 「斎藤幸子」観劇:

« 「天翔ける風に」観劇 | トップページ | 「怪談 牡丹燈籠」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ