« 8月の気になる舞台(8/25追記) | トップページ | 「かぐや姫」観劇 »

「兄おとうと」観劇

兄弟はそろって大秀才。
兄は国家とは国民あってのものだと唱える大正デモクラシーの旗手、弟は高級官僚。
対立する立場の兄弟は顔を合わせれば喧嘩するようになり、遂には縁を切ってしまうのだが・・・。

いつもの井上さんの戯曲らしく、楽しい歌と踊りで、ユーモアを織り交ぜながらも、戦争に向かっていく時代の恐ろしさを考えさせてくれます。

作品としてはちょっと地味だけれど、兄弟愛や義理の姉妹の絆がすごく温かく感じられる素敵な舞台でした。

説教強盗にお説教されたり、一緒に歌を歌ったりする場面もとても面白かったです。
今は見ず知らずの他人にお説教したり、されたりする時代ではないですよね。
それが泥棒なのはともかくとして、そういう人と人とのつながりが薄くなっているなというのも、お芝居を観て思いました。

« 8月の気になる舞台(8/25追記) | トップページ | 「かぐや姫」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/30890204

この記事へのトラックバック一覧です: 「兄おとうと」観劇:

« 8月の気になる舞台(8/25追記) | トップページ | 「かぐや姫」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ