« 「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇 | トップページ | 岡崎司さんライブ(内野聖陽さんゲスト) »

「相思双愛」観劇

週末に観て来ました。
ダンダンブエノの公演もいつも観たいと思いながら、機会のないままでした。
今回は、ダンダンブエノからのソロアルバム公演だそうです。

「春は馬車に乗って」(横光利一著)と「四十回のまばたき」(重松清著)、という二つの小説を元に作られた作品。
時代背景も違うし、ストーリーも全く違うのですが、物語の軸になっているものは何となく似ているような・・・。

私は、坂井真紀さんと近藤芳正さんの夫婦の掛け合いが好きでした。
罵り合ったり、時には掴み合いになったりするのですが、そこにはちゃんと愛があって。
こんな風に言いたい事を言い合える夫婦っていいなって。
わがままって、なかなか言えないものですよね。
相手を信頼しているからこそ、言えるんだなって思いました。

もう一つは亡くなってしまった妻の妹と義兄の物語。
無くしてから気づく愛・・は切ないですね。
今、生きているこの時に伝えなくちゃ。

« 「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇 | トップページ | 岡崎司さんライブ(内野聖陽さんゲスト) »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/29695628

この記事へのトラックバック一覧です: 「相思双愛」観劇:

« 「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇 | トップページ | 岡崎司さんライブ(内野聖陽さんゲスト) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ