« 5月の気になる舞台(5/11追記) | トップページ | 「相思双愛」観劇 »

「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇

蜷川さん演出で何でまたこのキャストで?と思っていたのですが、幻の少女歌劇団ですものね。
最初の方の場面は、ちょっと宝塚を思わせるような感じでした。

鳳蘭さんが登場すると、舞台がパッと明るくなりました。
華のある人というのは、こういう人の事を言うんだなと思いました。
圧倒的な存在感でした。

三田さんとのやり取りは、ベテラン二人の演技で見応えがありました。
終盤は、ぐっと来ました。

毬谷さんの歌は、すごいパワフルでした。

ウエンツくんのファンはほとんど女装だったので、ちょっと物足りなかったかもしれませんね。

他の方々もみなさん良かったです。

そして、何と言っても最後の場面が美しいです。
あまりの美しさに感動して、涙が込み上げました。
私は、蜷川さんの美意識が好きなんだと思います。

清水さんの脚本も良いですね。

金銭的に余裕があれば、もう一度行きたいくらいの舞台です。

« 5月の気になる舞台(5/11追記) | トップページ | 「相思双愛」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/29549580

この記事へのトラックバック一覧です: 「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇:

« 5月の気になる舞台(5/11追記) | トップページ | 「相思双愛」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ