« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

「五月大歌舞伎」夜の部 観劇

感想が遅くなってしまいましたが、先週末に観て来ました。
もう5月も終わってしまうので、一応書いておこうと思います。

去年の10月以来なので、久しぶりの歌舞伎でした。
時代劇とか観ると、「ああ、歌舞伎が観たいな」なんて思ったりして。

「鬼平犯科帳」
吉右衛門さんは、粋で素敵でした。
染五郎さんは出番も少なく、悪役でしたが、最後は魅せてくれました。
やっぱり存在感がありますね。
染五郎さんの主演舞台が観たいなと思いました。

「於染久松色読販」
福助さんが一人七役で、女形から男役まで演じています。
早替りも見事で、笑える場面もたくさんあって、面白かったです。

どちらの演目も分かりやすくて、久しぶりの歌舞伎を満喫しました。

岡崎司さんライブ(内野聖陽さんゲスト)

司さんのライブに行くのは初めてで、とても楽しみにしていました。
舞台の流れの中で聴くのとはまた違って、すごく良かったです。
司さんのたどたどしい、ゆる~い感じのMCもほんわか温かい雰囲気でした。

ライブは二部構成になっていて、二部には内野さんが登場。
私の大好きな曲「私の失意」、久しぶりに聴きました。
この曲で何度泣いたでしょう。
「メタルマクベス」上演当時とは違って、甘~い声でした。

司さんと内野さんのトークショー、ボケ対ボケで面白かったです。
客席から突っ込み入れたいほど。
「ブラックバード」のチラシを手に、司さん「これ、うっちー?」内野さん「俺だよ。俺以外いないでしょう」もウケました。
確かにこの日の内野さんと比べると、ちょっと別人?

そして、じゅんさんに許可は取ってないけどと歌ったのが「あの娘のブーツは豚の耳の匂い」でした。
何か爽やかな歌になっちゃってましたね。

「また後で」と一旦退場したのですが、司さんの「うっちーのファンがここで帰っちゃうと困るので・・・」は、可愛かったですね。

「朧の森に棲む鬼」の曲は、本当に素敵でした。

アンコールで何曲か演奏した後、内野さん再び登場。
「スコーピオン・ハート」で盛り上げ、ほとんどの客を立たせてしまいました。
さすがエンターティナーです。
内野さんも久しぶりのライブで楽しかったんでしょうね。

司さんのライブ、また行きたいなと思いました。

「相思双愛」観劇

週末に観て来ました。
ダンダンブエノの公演もいつも観たいと思いながら、機会のないままでした。
今回は、ダンダンブエノからのソロアルバム公演だそうです。

「春は馬車に乗って」(横光利一著)と「四十回のまばたき」(重松清著)、という二つの小説を元に作られた作品。
時代背景も違うし、ストーリーも全く違うのですが、物語の軸になっているものは何となく似ているような・・・。

私は、坂井真紀さんと近藤芳正さんの夫婦の掛け合いが好きでした。
罵り合ったり、時には掴み合いになったりするのですが、そこにはちゃんと愛があって。
こんな風に言いたい事を言い合える夫婦っていいなって。
わがままって、なかなか言えないものですよね。
相手を信頼しているからこそ、言えるんだなって思いました。

もう一つは亡くなってしまった妻の妹と義兄の物語。
無くしてから気づく愛・・は切ないですね。
今、生きているこの時に伝えなくちゃ。

「雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」観劇

蜷川さん演出で何でまたこのキャストで?と思っていたのですが、幻の少女歌劇団ですものね。
最初の方の場面は、ちょっと宝塚を思わせるような感じでした。

鳳蘭さんが登場すると、舞台がパッと明るくなりました。
華のある人というのは、こういう人の事を言うんだなと思いました。
圧倒的な存在感でした。

三田さんとのやり取りは、ベテラン二人の演技で見応えがありました。
終盤は、ぐっと来ました。

毬谷さんの歌は、すごいパワフルでした。

ウエンツくんのファンはほとんど女装だったので、ちょっと物足りなかったかもしれませんね。

他の方々もみなさん良かったです。

そして、何と言っても最後の場面が美しいです。
あまりの美しさに感動して、涙が込み上げました。
私は、蜷川さんの美意識が好きなんだと思います。

清水さんの脚本も良いですね。

金銭的に余裕があれば、もう一度行きたいくらいの舞台です。

5月の気になる舞台(5/11追記)

GW真っ只中、みなさんはいかがお過ごしですか?
私は昨日は鎌倉に行って来ましたが、小町通りはとんでもない人・人・人でした。
今日は歩きすぎて筋肉痛になってしまい、ゆっくり休息日でした。

今月の気になる舞台です。

雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた」 ★
蜷川さんの舞台ではあまり見ない顔ぶれですが、清水邦夫さんの脚本は好きなので、どんな舞台になるのか楽しみです。

五月大歌舞伎」(新橋演舞場) ★
しばらく歌舞伎も観ていないのでそろそろ観たいなと思っていたら、面白い演目が揃っているので行くことにしました。
鬼平犯科帳の染五郎さん、福助さんの七変化が楽しみです。

相思双愛」 ★(5/11追記)
ダンダンブエノからのソロユニット公演。

楽屋
チケットは取れていたのですが、都合が悪くなって手放しました。
観に行けるといいのですが。

R2C2
阿部サダヲさんと森山未來くんは絶対観たいですよね~。
「サイボーグなのでバンド辞めます」って、意味分からないサブタイトルにやられました。

岡崎司さんライブ(内野聖陽さんゲスト) ★
舞台ではありませんが、新感線繋がりということで。
これはもう行くしかないでしょう。
久しぶりに「メタルマクベス」の曲が聴けるのも楽しみです。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ