« 「チェンジリング」試写会 | トップページ | 「ピランデッロのヘンリー四世」観劇 »

「ピロクシー・ブルース」観劇

軍隊訓練所での青年達の恋愛や友情を描いた、ニール・サイモンの青春群像劇。

これは感想を書くのが難しいです・・・。
やっぱり軍隊訓練所というのが想像がつかないので、いろいろ制限のある舞台上では観ていてもあまりピンと来ないというか。
熱い友情物語でもなく、どちらかという淡々と描かれているので共感もできず・・・。

キャストの皆さんはチームワークも良さそうで、とても良かったんですが。

佐藤隆太さんと忍成修吾さんは、ドラマのイメージ通りという感じでした。
次回は、もう少し違った役柄で観てみたいです。

羽場裕一さんは不条理な命令ばかり下す憎々しい上官を演じていましたが、訓練所を去る前夜の忍成さんとの場面は、上官の内面を浮かび上がらせる演技で上手いなと思いました。

« 「チェンジリング」試写会 | トップページ | 「ピランデッロのヘンリー四世」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/28223607

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピロクシー・ブルース」観劇:

« 「チェンジリング」試写会 | トップページ | 「ピランデッロのヘンリー四世」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ