« 「月の輝く夜に」観劇 | トップページ | 「表裏源内蛙合戦」観劇 »

「MOTHER」観劇

これも予備知識なく観に行ったのですが、マキノノゾミ三部作の最後を飾る作品だったのですね。全部観たかったな。

与謝野晶子・鉄幹夫妻の下に、弟子である北原白秋や石川啄木が集う家。
時には文学について、社会変革について、恋愛について語り合う若い彼ら。

夫を侮辱した刑事にも怯むことなく食ってかかる晶子、照れながら妻への想いを告白する鉄幹・・・本当に素敵な二人でした。
子どもが8人もいて生活は苦しく、晶子の方が世間での評価が高かったり、鉄幹の浮気など、大変な事の方が多かったかもしれないけど、心から尊敬し合える夫婦というのは、この世の中に何組いるでしょうか。

昔気質の鉄幹さんの「男がすたる!」に惚れ惚れしました。
妻(女)に格好良いところだけ見せようとする、男のプライドというか。
そういうの良いじゃありませんか。

晶子さんは、強くて、たくましくて、でも、鉄幹さんに惚れぬいているんですよね。
そんな女らしい、可愛い一面が描かれているのがまた素敵でした。

弟子達も有名な詩人や作家ばかりですが、身近に感じられました。
彼らもいろいろな事で悩んでいたのだろうなと。

これまた30日が千秋楽と、残り公演数が少ないですがお勧めの舞台です。

公式サイトはこちら

« 「月の輝く夜に」観劇 | トップページ | 「表裏源内蛙合戦」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/25736182

この記事へのトラックバック一覧です: 「MOTHER」観劇:

« 「月の輝く夜に」観劇 | トップページ | 「表裏源内蛙合戦」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ