« 二度目はもっと・・・ | トップページ | 「ハンサム★スーツ」試写会 »

「がんばればいいこともある」東京国際映画祭

東京国際映画祭のコンペティション作品「がんばればいいこともある」を観てきました。
トラブル続きで、ちょっと落ち込み気味なこの頃・・・このタイトルに惹かれて行きました。

パリ郊外に暮らす主婦・ソニア。娘の結婚式当日に夫の様子がおかしくなる。
長男は麻薬所持で逮捕。次男は高くて危険なところばかり好み、屋上から転落しそうになったり、と次々と問題が降りかかり・・・。

何かが起こっても、必ず解決方法はあると信じて行動するソニアの強さが頼もしかったです。
宗教で結ばれているというのもあるのでしょうが、喧嘩ばかりしていても、固い絆で結ばれている家族の姿も素敵でした。

映画の最後に流れる曲の歌詞「人生は運命との共同脚本。"スタート"を言うのは自分しかいない」(正確ではないですが)が心に響きました。

ティーチ・インには主演のフェリシテ・ウワシーさんが登場して、Q&Aコーナーもありました。
フランスには、植民地からの移民なども多く、多種多様な人種がいます。
パリ郊外には仕事にも就けず、犯罪に手を染めるしかない若者も多くいるようです。
この映画には、ほとんど黒人しか出てきませんが、最近のフランス映画では珍しい作品だったそうです。

きっと「がんばればいいこともある」、そう思って頑張りましょう。



« 二度目はもっと・・・ | トップページ | 「ハンサム★スーツ」試写会 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/24615485

この記事へのトラックバック一覧です: 「がんばればいいこともある」東京国際映画祭:

« 二度目はもっと・・・ | トップページ | 「ハンサム★スーツ」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ