« 「ハンサム★スーツ」試写会 | トップページ | 「1945」観劇 »

「サクリファイス/近藤史恵」

主人公・白石誓(ちかう)は、陸上の世界で期待されながらも、ロードレースに惹かれ転向する。
大学卒業と同時にチーム・オッジに入ったチカは、エース・石尾をアシストするが、そこで先輩から聞いた過去の事件とは・・・。

ロード・レースの世界は全く未知のものでしたが、読んでいるうちにぐいぐい引き込まれます。
チームのエースの為に「アシスト」と呼ばれる選手は、先頭に立ち空気抵抗を受け、エースの体力を温存したり、機を見て集団から飛び出し、先頭集団を作ってエースが楽に走れるように助けるなど、一見個人競技のようですが、チーム・プレイのような側面もあるのが面白いと思いました。

ある事件の真相を巡って後半に物語が動き出し、結末が二転三転します。
最後には驚きの結末が待っていました・・・。

結末のヒントを与えることになってしまうので感想は書けないのですが、是非読んでみて下さい。お勧めです。

近藤さんの他の本も読んでみたいと思っています。
ミステリーとしての面白さだけではなく、人間ドラマがきちんと描ける人だなと思うので。

« 「ハンサム★スーツ」試写会 | トップページ | 「1945」観劇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/24725785

この記事へのトラックバック一覧です: 「サクリファイス/近藤史恵」:

« 「ハンサム★スーツ」試写会 | トップページ | 「1945」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ