« 引越しトラブル | トップページ | 「狂言ござる乃座 40th」 »

「人形の家」観劇

先週末になってしまいましたが、観劇して来ました。

りえちゃんの舞台を観るのは「ロープ」以来でしたが、くるくる変わる表情や軽やかな動きに惹きつけられました。

脅迫され、思い悩むノラに感情移入して、ずっと緊張感がありました。

終盤の堤さん演じる夫が、自己中心的な素顔をさらけ出す場面は見事でした。

そして、ノラが自我に目覚めた時、二人の関係は崩壊するのです。

現代の男女の関係の問題がそのまま描かれたような物語に驚きました。

100年以上前に書かかれたものだとは思えないですね。

観て良かったなと思える舞台でした。

« 引越しトラブル | トップページ | 「狂言ござる乃座 40th」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/24158087

この記事へのトラックバック一覧です: 「人形の家」観劇:

« 引越しトラブル | トップページ | 「狂言ござる乃座 40th」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ