« 「幕末純情伝」観劇 | トップページ | 「八月納涼大歌舞伎 第三部」観劇 »

「女教師は二度抱かれた」観劇

期待通りの面白さでした。
染五郎さんが小劇団の演出家、阿部サダヲさんが歌舞伎役者というのが、絶妙な感じでした。
「そんな大げさな見得とか、いいんですか?」って思ったり、台詞が染五郎さんには皮肉に聞こえないのかなと思ったり。

パンツ一枚で舞台袖に走ってはけていく染五郎さん・・・なかなかないですよね。

大竹さんは、もう天性の女優ですね。
どの舞台を観ても、その役になりきっていて、惹き込まれてしまいます。

一幕は「え~、そこで終わりですか」っていうところで終わりで、客席から笑いと拍手が起きて、松尾さんが休憩のお知らせに出て来ました。
松尾さんは舞台に登場するだけで、笑いを誘います。

でも、「笑い」にもいろいろあるなと思いました。
松尾さんの「笑い」は新感線とはまた違った「笑い」で、何だかちょっと切ないんです。

生バンドが入った歌も良かったです。

« 「幕末純情伝」観劇 | トップページ | 「八月納涼大歌舞伎 第三部」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650844

この記事へのトラックバック一覧です: 「女教師は二度抱かれた」観劇:

« 「幕末純情伝」観劇 | トップページ | 「八月納涼大歌舞伎 第三部」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ