« 「女教師は二度抱かれた」観劇 | トップページ | 「グーグーだって猫である」試写会 »

「八月納涼大歌舞伎 第三部」観劇

何だか書きそびれてしまっていたのですが、先週末に観に行きました。
野田さん脚本・演出の歌舞伎は初めて観ましたが、やっぱり新鮮で面白かったです。

スクリーンを使った演出などは演劇ではおなじみですが、歌舞伎でやるとは驚きました。
最初はいろいろな意見があったのではないでしょうか。
でも、効果的な演出になっていたと思います。

巻き紙のような舞台装置も面白かったです。

勘三郎さんは憎まれ役でしたが、届かない想いが切なかったです。
七之助さんの愛陀姫はたおやかで美しかったです。
観る度に素敵な女形に成長しているなと思います。

そして、今回は福助さんがはじけていて、とても良かったです。
いつものしっとりとした女らしい女形ではなくて、いんちき占い師ですからね。
楽しませてもらいました。

« 「女教師は二度抱かれた」観劇 | トップページ | 「グーグーだって猫である」試写会 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650845

この記事へのトラックバック一覧です: 「八月納涼大歌舞伎 第三部」観劇:

« 「女教師は二度抱かれた」観劇 | トップページ | 「グーグーだって猫である」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ