« 「さようなら窓/東直子」 | トップページ | 「闇に咲く花」観劇 »

「明日の約束/村山由佳」

気付いたら、すごく久しぶりの更新になってしまいました。
珍しくエンタメの予定がない日々でした。
今週末は行きますよ。

そんなわけで、本の感想です。

一年に一冊刊行ペースの「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズの最新刊です。
今回は、かれんと勝利の鴨川での休日が中心で、波風はなしで、安心して読めました。
サイドストーリーとして書かれた、かれんの教師時代の同僚・桐島先生が語る普段のかれんが描かれているのが面白かったです。

それから、村山さんのあとがきに書かれた言葉にはっとしました。
「人の不幸は受け入れやすいものだから、オノロケ話でも喜んで話を聞いてくれる友人は貴重だ」というもの。
「人間的に出来ていて、心に余裕がないと、相手の幸せなんて受け入れられないもの」という言葉も。

人の幸せな話に心が沈んでしまう時、「ああ、嫌な奴だな、私」って思っていました。
そして、自分の楽しい話に水を差すような事を言われた時、むっとした事も。
でも、お互いにそんな時もありますよね。

せめて、大事な友達の幸せは一緒に喜んであげられるような、大人の女になりたいものです。

« 「さようなら窓/東直子」 | トップページ | 「闇に咲く花」観劇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650840

この記事へのトラックバック一覧です: 「明日の約束/村山由佳」:

« 「さようなら窓/東直子」 | トップページ | 「闇に咲く花」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ