« やっぱり素敵♪ | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

「能楽現在形 劇場版@世田谷」観劇

能は「ガラスの仮面」の紅天女を題材にしたものを一度観たことがあるのですが、正直あまり分りませんでした・・・。
今回もちよっと心配だったのですが、すごく面白かったです。
床は真っ黒(リノリウムでゴムだそうです)、照明も美しくて、シンプルな舞台装置も効果的でとても良かったです。

能は静かなイメージがありますが、激しい舞の場面は、それに合わせてお囃子も激しく、高揚感がありました。
笛や鼓の音には、何か心を掻き立てられるようなものがあります。

シテが舞台前方に歩み寄って来る場面は、能面が大きく迫って来るような迫力がありました。

こんな世界を知らずにいたのはもったいなかったなと思いました。
そして、新しい世界を知ることができて嬉しかったです。

終演後はポストトークがありました。
萬斎さんは私が座っていた下手側の席だったのですが、時折こちらにも視線を下さって、よくお顔が見えました。
笛方の一噌(いっそう)さん、囃子方の亀井さんとは旧知の間柄のようで、一噌さんの駄洒落を二人が上手くあしらったり、楽しいお話でした。
シテの片山さんが能を分りやすく書いたという本も読んでみたいなと思います。

「野村萬斎さん」のカテゴリーを追加しましたので、「わが魂は輝く水なり」の感想など、萬斎さんに関するものはこちらに移動しました。

« やっぱり素敵♪ | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

野村萬斎さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650818

この記事へのトラックバック一覧です: 「能楽現在形 劇場版@世田谷」観劇:

« やっぱり素敵♪ | トップページ | 「ザ・マジックアワー」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ