« 「ルドルフ」観劇 | トップページ | 「ざらざら/川上弘美」 »

「瞼の母」観劇

剛くんの舞台を観るのは初めてで、とても楽しみにしていましたが、いや~、本当にすごい役者さんだなと思います。

台詞の言葉遣いが独特で、最初は耳慣れなくて、忠太郎の台詞も淡々と聞こえるのですが、それが段々味わい深く感じられます。

終盤の母との再会場面からはずっと泣きっぱなしで、今も目の周りがひりひりしています。
帰り道も余韻が残っていて、心は現実に戻って来ていない感じでした。
そんな舞台はなかなか無いです。

大竹さん、三田さん、高橋さん、篠井さんと他の出演者の方々も上手い方ばかりです。

渡辺えりさんの演出も舞台の使い方などが面白かったです。
まだ4日目なので、ちょっとテンポの悪いところもありましたが、後半もう一度観たいですね。(でも、先月から観劇多すぎだし、無理かな・・・)

これは、かなりお勧めな舞台です。

シス・カンパニー「瞼の母」

« 「ルドルフ」観劇 | トップページ | 「ざらざら/川上弘美」 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650793

この記事へのトラックバック一覧です: 「瞼の母」観劇:

« 「ルドルフ」観劇 | トップページ | 「ざらざら/川上弘美」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ