« 若かりし・・・ | トップページ | 「ルドルフ」観劇 »

「東海道四谷怪談」観劇

「五月大歌舞伎」夜の部の通し狂言「東海道四谷怪談」を観て来ました。

この舞台は、伊右衛門よりもお岩が主役でした。
福助さんは三役を演じていましたが、迫力のあるお岩は見事でした。
歌舞伎の女形の方達は、女性らしく見えるように様々な工夫をされているそうですが、本当に身のこなしなどは女性よりも女性らしくて美しいです。

「髪梳き」「戸板返し」「提灯抜け」は怨念や恐怖を効果的に見せる歌舞伎ならではの演出と仕掛けなのだそうですが、やはりそこは見どころでした。

蜷川さん演出の「四谷怪談」(2001年)も観ましたが、あっと驚くような演出も歌舞伎に通じるものがあったんだなと思い出しながら観ていました。
真っ赤なライトの中、時代劇らしからぬ軽快な音楽が流れ、伊右衛門演じる竹中さんが走っているように見せる場面は強烈に記憶に残っています。

« 若かりし・・・ | トップページ | 「ルドルフ」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650791

この記事へのトラックバック一覧です: 「東海道四谷怪談」観劇:

« 若かりし・・・ | トップページ | 「ルドルフ」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ