« 「狂言サイボーグ/野村萬斎」 | トップページ | ルクスタ »

「わが魂は輝く水なり」千秋楽 観劇

前回は前方席だったので、役者さん達の表情がよく見えて良かったのですが、今日は遠からず近からずで、舞台全体を「画」として捉えることができて、またそれも良かったです。

最初に萬斎さん演じる実盛が登場した時、「この人に会いたかったんだ」と思いました。
喋り方も声も歩き方も、萬斎さんとは思えないぐらい「実盛」なのです。
亡霊となって父のそばにいる五郎に「まとわりつくな、消えろ」と言いながら、ちょっと姿が見えなくなると「五郎、五郎」と呼ぶ姿が何とも可愛い人という感じです。

カーテンコールの拍手が鳴り止まず、何度幕が上がったことでしょう。
もちろんスタンディングオベーションでした。
舞台の上の役者さん達と客席が一体となって、素敵なカーテンコールでした。

終わった後もふわふわと夢の中にいるような気持ちでした。

来月は、初めて狂言の舞台を観に行きます。
理解できるかちょっと不安ですけど。
少しずつ狂言のことも知りたいなと思っています。

« 「狂言サイボーグ/野村萬斎」 | トップページ | ルクスタ »

野村萬斎さん」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!kikiと申します。

私も27日の午後、仕事を休んで「わが魂……」の千秋楽を観に行ってきました。素晴らしい舞台でしたね~!そして、おっしゃるとおりカーテンコールも素敵でした。

よかったらまたときどきお邪魔させてください。
ではでは、失礼しました。

kikiさん
初めまして。コメントありがとうございます♪

カーテンコールで萬斎さんと菊之助さんがひしっと抱き合っていた姿も心が熱くなりましたね。
桜色の紙吹雪もきれいでした。

拙い文章ですが、またいらして頂けたら嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650802

この記事へのトラックバック一覧です: 「わが魂は輝く水なり」千秋楽 観劇:

« 「狂言サイボーグ/野村萬斎」 | トップページ | ルクスタ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ