« 「東海道四谷怪談」観劇 | トップページ | 「瞼の母」観劇 »

「ルドルフ」観劇

昨日観劇して来ました。

これぞ「ミュージカル」という感じで面白かったです。
歌い上げるナンバーが多かったですが、キャストの皆さんの歌唱力は流石ですね。

芳雄くんは、本当にプリンスにピッタリ。
玲奈ちゃんともお似合いでした。
ミュージカルの申し子のような二人ですね。

でも、最近の芳雄くんのインタビューを読むと、主演舞台を年に何本もこなす大変さや孤独感、苦悩があるようですが、それがルドルフの気持ちと重なる部分があったのかなと思います。

私はあまり事前にお勉強して舞台を観るのは好きじゃないので(そこがミュージカル観劇に向かないのかも)、ハプスブルク家のことも歴史的背景もよく分かりませんが、フィクションの物語として、それぞれの気持ちを深く描いていたと思います。

久しぶりの六九さんも素敵な役でした。

亜門さんの演出も斬新で、面白かったです。
私は好きです。

劇場内には新しい「エリザベート」のポスターが貼ってあって、人だかりになっていました。

« 「東海道四谷怪談」観劇 | トップページ | 「瞼の母」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650792

この記事へのトラックバック一覧です: 「ルドルフ」観劇:

« 「東海道四谷怪談」観劇 | トップページ | 「瞼の母」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ