« 「せりふの時代」 | トップページ | 遠い秋 »

「どん底」観劇

ケラさんといえば、次々に人が死んでいく、後味が悪い・・・等々のイメージですが、何か結構そこが好きだったりします。
ケラさんで「どん底」って、どんな暗い話になるんだろうと思っていたら、全然予想と違いました。

最初、江口さんと段田さんはなかなか登場しないのですが、他の役者さん達も上手い方ばかりなので、会話のやり取りに惹きつけられます。
地下の一室で生活している貧しい人達なのですが、それぞれいろいろな物を抱えながらもたくましく生きていて、喧嘩をしても、実はお互いを気にかけていたりして。
その関係性が面白かったです。

段田さん演じる謎のおじいさんは、言っている台詞も良かったです。
江口さんの舞台出演は初めて観ましたが、「五右衛門ロック」も期待できそうです。
やっぱり存在感があるし、舞台に合っているんじゃないかなと思います。

楽器の演奏があったり、みんなで歌う場面があったりするのですが、最後も胸が熱くなって、エネルギーがもらえました。

お勧めの舞台です。

Bunkamura HP

« 「せりふの時代」 | トップページ | 遠い秋 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650782

この記事へのトラックバック一覧です: 「どん底」観劇:

« 「せりふの時代」 | トップページ | 遠い秋 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ