« 「四月大歌舞伎」夜の部 観劇 | トップページ | 「どん底」観劇 »

「せりふの時代」

雑誌「せりふの時代」に勘三郎さんといのうえさんの対談が載っていました。
「阿修羅城の瞳」を観た時は、相当悔しかったそうです。
勘三郎さんは本当にいろいろなジャンルの舞台を観ているし、若手の演出家・脚本家とも話をしているようです。
いつも新しい事にチャレンジしようとする精神が素敵だなと思います。

染五郎さん発案の下北沢・歌舞伎ジャック、クドカンやラサール石井さんの歌舞伎などなど、想像するだけでわくわくする企画がいっぱいです。

新感線×勘三郎さんの競演も早く実現するといいな。

« 「四月大歌舞伎」夜の部 観劇 | トップページ | 「どん底」観劇 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650781

この記事へのトラックバック一覧です: 「せりふの時代」:

« 「四月大歌舞伎」夜の部 観劇 | トップページ | 「どん底」観劇 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ