« 「ベガーズ・オペラ」公開舞台稽古 | トップページ | ベガーズ三昧な週末 »

「温室デイズ/瀬尾まいこ」

小学校でみちると同じクラスだった優子は、いじめにあって同じ学区の違う小学校に転校していったのだけど、中学でまたみちると同じクラスになった。
崩壊のきざしが見えはじめたクラスを何とかしようと、みちるはみんなに訴えかけるのだが、その日をきっかけにみんなに無視されるようになり・・・。

ミステリーとか重い内容の本が続いたので、瀬尾さんの本でほっとしようと思って読んだのですが、いじめの場面はちょっときつかったですね。
こんなにひどいいじめが、今は普通に行われているのだろうかと心配になりました。
私が小・中学生だった頃もいじめはありましたが、何か”質”が違うように思うのです。
うーん、でも、いじめられていた子は辛かったのだろうか、と考えることはあります。

それでも、いじめられても登校拒否をせずに学校に通い続けるみちるや、クラスの問題児にカウンセリングの真似事をする優子など、小さいけれど希望も描かれています。

« 「ベガーズ・オペラ」公開舞台稽古 | トップページ | ベガーズ三昧な週末 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650762

この記事へのトラックバック一覧です: 「温室デイズ/瀬尾まいこ」:

« 「ベガーズ・オペラ」公開舞台稽古 | トップページ | ベガーズ三昧な週末 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ