« 「美晴さんランナウェイ/山本幸久」 | トップページ | 「悪魔のような女 女流ミステリー傑作選」 »

「時生/東野圭吾」

不治の病の息子が危篤に陥った時、拓実は妻に20年以上前に出会った少年・トキオとの思い出を語り始める。短気で喧嘩ばかりして、どうしようもない若者だった拓実は、その不思議な少年とともにに、当時の恋人・千鶴を追いかけ大阪に向かった。

ひねくれていて、本当にどうしよもない主人公なのですが、自分に突然別れを告げて消えてしまった恋人を、命をかけて守ろうとする姿は、何だか愛しくなってしまいます。
まあ、その方法もちょっと考えが足りなかったりするのですが。

不思議な少年・トキオと拓実の絆も心が温かくなります。

拓実を育てられず、養子に出してしまったお母さんの手紙には涙してしまいました。

これもお勧めの本です。

最近読書の感想がなかなか書けなくて、読み終わった本がたまっています。
でも、そろそろ図書館に返さなくちゃ・・・。

« 「美晴さんランナウェイ/山本幸久」 | トップページ | 「悪魔のような女 女流ミステリー傑作選」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650749

この記事へのトラックバック一覧です: 「時生/東野圭吾」:

« 「美晴さんランナウェイ/山本幸久」 | トップページ | 「悪魔のような女 女流ミステリー傑作選」 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ