« 「壽 初春大歌舞伎」昼の部 観劇 | トップページ | 「シルク」試写会 »

「いつか、一緒にパリに行こう/辻 仁成」

現在パリで暮らしている辻さんのエッセイです。
辻さんは、'99年に「白仏」でフランスのフェミナ賞を受賞していて、フランスには縁があったんですね。
確か、中山美穂さんとの初めての出会いもシャルル・ド・ゴール空港でしたっけ。

フランスの出産事情や夏のヴァカンス、人を家に招くのが好きなフランス人のパーティーについてなど、日本とは違ったフランスでの生活の話は面白かったです。

フランス人は冷たいとか意地悪というイメージがありますが、私は1度だけ行ったフランス旅行では親切にされた思い出の方が多いです。
辻さんもあまり嫌な思いをした事はないそうです。
その時出会う人にもよるのでしょうね。
旅行に行った時は熱烈にフランスに恋していたので、良い運を引き寄せたのかもしれません。

この本を読んだら、またパリに行きたくなってしまいました。
辻さんが描かれたイラストも楽しかったです。

« 「壽 初春大歌舞伎」昼の部 観劇 | トップページ | 「シルク」試写会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650726

この記事へのトラックバック一覧です: 「いつか、一緒にパリに行こう/辻 仁成」:

« 「壽 初春大歌舞伎」昼の部 観劇 | トップページ | 「シルク」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ