トップページ | 「エンジェル」試写会 »

「中国の植物学者の娘たち」試写会

孤児院で育ったミンは、湖上に浮かぶ植物園に実習生として迎えられる。
封建的な植物学者の父親に従うアン。
二人は孤独を癒し合い、やがて許されない愛を育むようになるが・・・。

幻想的な美しい映像でしたが、やはり中国では撮影は許可されず、隣国ベトナムでの撮影だったそうです。
中国映画というよりはどこかフランス映画のようだと思ったのですが、監督は長くフランスに在住している方なのですね。
「青いパパイヤの香り」や「夏至」のような雰囲気があります。

実話を基にして作られたそうですが、悲劇的な結末はちょっとショックでした。
それでも最後に二人が見つめ合う場面は、かけがえのない人を得た誇りのようなものを感じました。

ミン役のミレーヌ・ジャンパノワは西洋的な顔立ちだなと思ったのですが、フランスと中国の血をひく女優で、「あるいは裏切りという名の犬」にも出演していたそうです。
この作品は観たのですが、どの役だったのか・・・。
アン役のリー・シャオランも透明感があってきれいでした。

公式サイト
http://www.astaire.co.jp/shokubutsu/

トップページ | 「エンジェル」試写会 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650706

この記事へのトラックバック一覧です: 「中国の植物学者の娘たち」試写会:

トップページ | 「エンジェル」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ