« 「旬の演劇をつくる10人」 | トップページ | 「歓喜の歌」試写会 »

「秋の牢獄/恒川光太郎」

これは十一月七日水曜日の物語。
秋の一日をリプレイする異次元に迷い込んでしまった私。
20数回目のその日、私は大学構内のベンチで隆一に声を掛けられる。
同じような「リプレイヤー」が他にもいると言うのだ。

もし、こんな異次元に迷い込んだらどうするだろう。
その日がどんな一日かも重要だな・・・など考えて読んでいました。

恒川さんのデビュー作「夜市」は幻想的で、哀しい余韻の残る物語で好きでした。
「夜市」にも人の悪意は描かれているのですが、この本は他の二編も同様に、何だか後味が悪かったです。

同じようにある一日を繰り返す物語で北村薫さんの「ターン」がありますが、こちらはまた違った感じですが、お勧めです。

« 「旬の演劇をつくる10人」 | トップページ | 「歓喜の歌」試写会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1100079/23650716

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋の牢獄/恒川光太郎」:

« 「旬の演劇をつくる10人」 | トップページ | 「歓喜の歌」試写会 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ